古都・京都、古(いにしえ)の大和、湖都・近江などを自転車やウォーキングでめぐる・・・

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京の六地蔵めぐり
毎年8月22日と23日の二日間、「京都六地蔵めぐり」と言われる京都の旧街道口に安置された六体の地蔵尊を巡拝して、罪障消滅、無病息災、家内安全、五穀豊穣などを願う慣わしで、新仏の初盆に水塔婆供養をして三年間巡拝すれば六道(生前の罪により地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人間道、天道)の苦を免れると伝えます。京都の町で子供の地蔵盆が行われるのも六地蔵信仰に起因します。各寺で「お幡(旗:おはた 一幡\300)」と呼ばれるお札を授かり、六つのお幡を護符として家の玄関や軒に吊るすと厄を祓い、福を呼ぶとも伝えます。京都六地蔵めぐりは、伏見地蔵(大善寺)、鳥羽地蔵(浄禅寺)、桂地蔵(地蔵寺)、常盤地蔵(源光寺)、鞍馬口地蔵(上善寺)、山科地蔵(徳林庵)を巡拝しますが巡拝順序は、自由のようです。六地蔵の由来は、平安時代、小野篁(おののたかむら)が一度息絶えて冥土へ行き、生身の地蔵菩薩を拝して蘇り、一本の桜木から六体の地蔵菩薩を刻んで、伏見の大善寺(六地蔵)に六体の地蔵尊を祀りました。保元2年(1157年)、後白河上皇の勅命で平清盛が西光法師に命じ、都に通じる主要街道口の鞍馬口街道(上善寺)、東海道(四ノ宮地蔵:山科地蔵)、奈良街道(伏見地蔵)、大阪街道(鳥羽地蔵)、山陰街道(桂地蔵)、周山街道(常盤地蔵)に六体を分祀しました。これらの地蔵を巡拝する「六地蔵めぐり」の風習が生まれました。今は車で巡る人も多いですが、寺に寝泊まりしながら歩いて巡ったと伝え、夜通し開門する寺もあるようです。
※関連コラム
『京・六地蔵めぐり』

京都六地蔵巡りの一・浄禅寺

京都六地蔵巡りの一・鳥羽地蔵尊(浄禅寺)
京都六地蔵巡りの一・地蔵寺
京都六地蔵巡りの一・桂地蔵尊(地蔵寺)
愛宕山と桂川
愛宕山と桂川@桂大橋(八条通り)
東映太秦映画村
東映太秦映画村
京都六地蔵巡りの一・源光寺
京都六地蔵巡りの一・常盤地蔵尊(乙子地蔵:源光寺)
ワオッ!!!ヽ( ̄ー ̄*)ノ
ワオッ!!!ヽ( ̄ー ̄*)ノびっくりしたな~モウ~
風情ある船岡温泉
風情ある雰囲気を醸し出す船岡温泉
「源氏物語」の紫式部墓所・冥界の番人、六地蔵ゆかりの小野篁卿墓
「源氏物語」の作者・紫式部墓所(左)、冥界の番人で六地蔵ゆかりの小野篁卿墓
素朴な疑問が・・・なぜに、この二人の墓が仲良く並んでいるのだろう???
京都六地蔵巡りの一・深泥池地蔵・鞍馬口地蔵(上善寺)
京都六地蔵巡りの一・鞍馬地蔵(深泥池地蔵:上善寺)
高さ1.6mの大日如来坐像石仏(鎌倉中期)
境内に安置される高さ1.6mの大日如来坐像石仏(鎌倉中期
都富士と称される霊峰・比叡山@出雲路橋
都富士と称される霊峰・比叡山@出雲路橋
世界文化遺産・賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ:下鴨神社)
世界文化遺産・賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ:下鴨神社
賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ:下鴨神社)の参道が縦断する「糺の森(ただすのもり)」
賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ:下鴨神社)の参道が縦断する「糺の森(ただすのもり)
日本最大で高さ24.4mある平安神宮の大鳥居
日本最大で高さ24.4mある平安神宮の大鳥居
琵琶湖疏水の噴水
琵琶湖疏水の噴水
京都六地蔵巡りの一・四ノ宮地蔵堂(徳林庵)
京都六地蔵巡りの一・山科地蔵尊(四ノ宮地蔵堂:徳林庵)
京都六地蔵巡りの一・大善寺(六地蔵)
京都六地蔵巡りの一・伏見地蔵尊(六地蔵:大善寺)
花灯篭が灯る酒蔵
雨上がりの夕暮れに花灯篭が灯る酒蔵
スポンサーサイト
Copyright © みやこ浮絵歩(ウエブ)log. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。