古都・京都、古(いにしえ)の大和、湖都・近江などを自転車やウォーキングでめぐる・・・

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇治へ・・・
京都と奈良を結ぶ交通の要衝で古来、歴史に登場した地です。水と緑豊かな美しい景観が今も残り、宇治川両岸に世界文化遺産の平等院、宇治上神社などの古社寺が佇みます。五十四帖からなる『源氏物語』の「橋姫」、「浮舟」など、最後の十帖は宇治が舞台です。宇治橋~三室戸寺にかけて、これに因んだ石碑や石仏が建てられ古蹟を訪ね歩く人も多く、『源氏物語』の世界を体感できる源氏物語ミュージアムもあり、味わい豊かな宇治茶でも知られます。

墓参りを兼ねて萬福寺~宇治上神社~大吉山(仏徳山)~朝日山~志津川をポタリング~(*^∇゜)v
※参考コラム 【山紫水明・宇治志津川、白川の里山めぐり】
DSC01438_20090106193250.jpg
寺田屋と言えば・・・坂本龍馬
DSC01440.jpg
伏見と言えば・・・酒蔵
DSC01501_20090106193333.jpg
萬福寺
萬福寺の建造物は、中国の明朝様式を取り入れた伽藍配置です。正面 一間を吹放しとした主要伽藍を中心軸上に置き、同じ大きさの諸堂が左右対照に配されています。このように創建当初の姿そのままを今日に伝える寺院は、日本では他に例が無く、代表的禅宗伽藍建築群として主要建物23棟、回廊、額、聯などが国の重要文化財に指定されています。
DSC01492_20090106193408.jpg
卍の匂欄があるのも黄檗ならではの特徴。
DSC01472.jpg
日本最古の都七福神の一・布袋尊(弥勒菩薩)
DSC01508.jpg
氏神ではないけれど・・・宇治上神社(世界文化遺産)へ(^▽^;)
DSC01527.jpg
大吉山(仏徳山)展望台のあずまや
DSC01529.jpg
宇治市街地など俯瞰
遠くに梅田スカイビル、六甲山の稜線が見えますo(*^▽^*)o
DSC01552.jpg
五重石塔(供養塔)
DSC01565.jpg
五輪石塔(供養塔)
DSC01561.jpg
応神天皇の皇子・菟道稚郎子の墓
『山城国風土記』逸文に桐原日桁宮)に住まい、大鷦鷯尊と皇位を譲り合うこと3年。永らくの空位が天下の煩いになると思い悩んだ太子は互譲に決着を期すべく、自ら果てた。尊は驚き悲しんで、難波から菟道宮に至り、遺体に招魂の術を施したところ、太子は蘇生し、妹の八田皇女を献ずる旨の遺言をして、再び薨じたという・・・同墓は現在、宇治市莵道丸山の丸山古墳(前方後円墳・全長約80m)に比定され、宮内庁の管理下にあるが、この地は宇治川右岸に近接して「山上」と呼ぶに相応しくない。菟道山上(『延喜式』諸陵寮に宇治墓)に葬られたと伝えるのは当地では・・・
DSC01557.jpg
朝日観音(南無観世音菩薩)
DSC01551.jpg
宇治市街地など俯瞰
遠くに梅田スカイビル、六甲山の稜線が見えますo(*^▽^*)o
DSC01575.jpg
朝日山~東海自然歩道で志津川へ・・・
宇治川が氾濫して川沿いの道が通れない時は、この道が志津川へ行く道だった。
DSC01583_20090106194115.jpg
喜撰法師が行を営んだと伝える竜ヶ壷
DSC01592.jpg
志津川の由来を記述している志津川村碑
DSC01595.jpg
神女神社
志津川に住んでいた平家の落武者の子孫が祀っていた祠が幾つかあり、明治に入ってから、これらの祠を一つに合祀した神社を作り、祭神が女性であることから、「神女神社」と名付けた。安芸の宮島にある平家ゆかりの厳島神社と同じく市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)を祭神とする志津川地域の産土神です。元は志津川地域の西南にあったが明治6年(1873年)、当地に移したと伝え、八幡神と三輪明神を合祀しています。
DSC01620.jpg
志津川
DSC01628.jpg
天ヶ瀬(あまがせ)ダム
宇治橋の上流約2.5km、宇治川天ヶ瀬に水害防止と発電の二つを主目的に建造されたダムで高さ73m、長さ254mのアーチ式ダムで2000万㎥(東京ドーム7杯分) の貯水量で下流域の洪水を防ぎ新たに発電所を設け92000kwの電力を宇治市、城陽市などに送電し併せて宇治、城陽、久御山、八幡市など山城地域へ上水道(府営)の取水口も設けられています。
DSC01639.jpg
紫式部と宇治橋
すぐ前に[第五十四帖・夢浮橋(ゆめのうきはし)]之古跡 もあります。
スポンサーサイト

銀世界の比叡山・延暦寺を歩く・・・
霊峰・比叡山は、最高峰の大比叡(標高:848m)を中心とする山々の総称で山上~山中に天台宗総本山・延暦寺の諸堂が点在します。延暦7年(788年)、伝教大師最澄(でんきょうだいしさいちょう)が小堂を建て一乗止観院と称したのが始まりで国宝、重文なども多数所蔵し平成6年(1994年)に世界文化遺産に登録されました。

毎年、正月には必ず訪れている比叡山・延暦寺・・・
ケーブルカー、ロープウエーが運休するほどの積雪に納得しまつた(・・;)
12/31~1/3に頂ける一年の祈りを阿弥陀如来を意味する梵字(ぼんじ)に込めた牛王印(朱印)と幸先矢を、今年も無事に頂いてきました☆⌒(*^∇゜)v
吹雪かれて積雪も凄かった比叡山、延暦寺・・サイコウ~です!!!☆⌒(*^∇゜)

※参考コラム 【Pちゃんズの叡山・延暦寺詣】
DSC01164.jpg
夢見ヶ丘駐車場
DSC01170_20090106104404.jpg
比叡山ドライブウェーの延暦寺聖域
DSC01171.jpg
延暦寺バスセンターに無事、到着(*^-^*)
DSC01173_20090106104542.jpg
入山前にランチタイム~o(*^▽^*)oあはっ♪
鶴喜のそば定食(天ぷらそば&ちらし寿司) (@^▽^@)
DSC01175.jpg
東塔へ・・・
DSC01176.jpg
まずは、大講堂を参拝
DSC01186.jpg
根本中堂(国宝)
平安初期、最澄が建立した一乗止観院。天台宗総本山の中心道場
今年も僧侶から牛王印(朱印)と幸先矢を、今年も無事に頂いてきました☆⌒(*^∇゜)v
DSC01216.jpg
えぇなぁ~(⌒▽⌒)
DSC01224.jpg
江戸初期に再建され大乗戒を授かる戒壇院
DSC01233.jpg
阿弥陀堂(手前)と法華総持院東塔
DSC01238.jpg
西塔(さいとう)へ・・・
DSC01245.jpg
浄土院(伝教大師最澄御廟)への長い石段をスリップしないように・・・テチテチo(*^▽^*)o
DSC01251.jpg
浄土院
DSC01256.jpg
浄土院(伝教大師最澄御廟)
DSC01265.jpg
弁慶が担いだと伝える荷い堂(にないどう)\(◎o◎)/!どんだけ~
DSC01270.jpg
西塔の中堂(本堂)で比叡山内に現存する最古建築物の釈迦堂
正式には天法輪堂と言います。
DSC01282.jpg
相輪塔(そうりんとう) へ・・・
DSC01285.jpg
この辺りに西塔があったとされ経典が納められる相輪塔
DSC01292.jpg
弥勒石仏(鎌倉初期作)
元亀2年(1571年)9月12日、織田信長の比叡山焼き討ちで光背を欠損したと伝える。
DSC01300.jpg
洛北、愛宕山などが見えました☆⌒(*^∇゜)v
DSC01301.jpg
釈迦堂へ戻ります・・・スリップ厳禁! (~ヘ~;)
DSC01333.jpg
ガーデンミュージアム比叡へ・・・
DSC01341.jpg
見晴らしのいい場所ですが、凄い積雪(@_@;)
DSC01335.jpg
こんにちは!o(*^▽^*)oあはっ♪
DSC01340.jpg
大原の里
DSC01345.jpg
急坂な山道をスリップに気をつけてテチテチ・・・
DSC01353.jpg
・・・
DSC01351.jpg
・・・
DSC01355.jpg
比叡山頂BS
DSC01362.jpg
春迄閉園されているガーデンミュージアム比叡
DSC01357.jpg
琵琶湖、浜大津俯瞰@四明ヶ岳山頂駐車場 えぇなぁ~ (@^▽^@)
DSC01364.jpg
比良山系と琵琶湖俯瞰 えぇなぁ~ (@^▽^@)
DSC01368.jpg
四明ヶ岳山頂駐車場~三角点へテチテチ・・
DSC01372.jpg
比叡山三角点(一等三角点:848.28m) 今年も制覇したやんか~ ♪♪v(⌒o⌒)v♪♪
DSC01395.jpg
展望台
DSC01424_20090106110902.jpg
無事に下山!京阪出町柳バス停 ☆⌒(*^∇゜)v

鞍馬山 鞍馬寺(くらまさん くらまでら)
鞍馬は京都の正北約12kmに位置し古来、北方の城壁、加茂川の水源地として最も重要視されました。平安遷都なるや当地に毘沙門天を安置して北方の守護として弥都波能売神(みづはのめのかみ:水神)を勧請して都の川上神としました。山峡渓谷に臨むこの地は自然美に恵まれ風光明媚の地として王朝以来、幾多の文人、歌人によって世に広まった仙境です。

※参考コラム 【牛若丸ロード@鞍馬山散策】
DSC00951.jpg
叡電・鞍馬駅(第1回近畿の駅百選選定駅)
DSC00954.jpg
鞍馬天狗と牛若丸?(^▽^;) しかし、デカ天狗やんか~(@_@;)
DSC00962.jpg
入山前にランチタイム~ ここの蕎麦は・・・☆⌒(*^∇゜)v
DSC00964.jpg
仁王門
DSC00978.jpg
由岐神社
DSC01000_20090104200237.jpg
多宝塔
DSC01009.jpg
翔雲台から比叡山方面の眺め・・・吹雪いているので見えません; ̄ロ ̄)!!
DSC01017.jpg
金堂(本殿)
DSC01018.jpg
風雪が激しくなり・・・雪宿り(・・;)
DSC01020_20090104200431.jpg
鐘つき
DSC01026.jpg
牛若丸息継ぎの水
2005年に訪ねたときと同じく、今回も水が出ていません!( ̄□||||!!
DSC01027.jpg
積雪やアイスバーンの為、滑ったりしないよう 慎重にウォーキングぅ~(^-^)v
DSC01029.jpg
牛若丸(義経)背比べ石
牛若丸(16歳)が平家追討を決心し鞍馬を去る時に名残を惜しんだといわれる約1.2mの背比べ石
DSC01033.jpg
木の根道
岩盤が硬く地下に根が張れずに木の根が地表に露出している。
DSC01042_20090104200733.jpg
自然が作り出した幻想的な木の根道
DSC01052.jpg
雪どけで水溜まりに状態のところもあります・・・歩きにくいなぁ~(~ヘ~;)
DSC01057_20090104200917.jpg
奥の院(魔王殿)
鞍馬寺(山)の信仰は650万年前、宇宙の大元霊である尊天の指令によって金星から派遣された魔王尊が、人類救済の使命を帯び地球の霊王として鞍馬山上に降臨した事に始まります。
DSC01070_20090104200951.jpg
積雪とアイスバーンの山道でスリップしないよう・・・貴船へ テチテチo(*^▽^*)o
DSC01081.jpg
貴船神社(本宮)
社伝によると、浪花(大阪)から黄船に乗った女神が現れ「われは玉依姫(たまよりのひめ:神武天皇母后)なり、この船の留まる所に社殿を建て、そこの神を大事にお祀りすれば国土を潤し、庶民に福運を与えん」とのお告げがあり、その船は淀川、鴨川を遡り水源の地である奥宮辺りの川の傍から水の湧き出る所に船を留め、社殿を建てたと伝えます。
DSC01096_20090104201313.jpg
奥宮へ・・・
貴船神社の参拝は「三社詣」とも言われ「本宮」⇒「奥宮」⇒「結社:中宮」の順に詣でるのが古式正しい参拝とされます。
DSC01099.jpg
積雪する奥宮
DSC01112.jpg
結社(ゆいのやしろ:中宮)へ・・・
DSC01122.jpg
御神木・桂の大木(結社境内)
DSC01128.jpg
叡電・貴船口駅へ・・・約4kmの道のりをテチテチo(*^▽^*)o
DSC01139.jpg
パノラミック電車・きらら号(デオ900系)で出町柳へ☆⌒(*^∇゜)v

伏見五福めぐり
伏見には古来、庶民に深く信仰されている神社が散在しています。元旦~15日まで、その代表的な5社寺の初詣を兼ねて参拝する『伏見五福めぐり』が行われます。★長建寺(商売繁盛) ★藤森神社(勝運・学問) ★大黒寺(出世・開運) ★乃木神社(学門・勝運) ★御香宮神社(開運・厄除)の五社寺で各朱印料300円(色紙授与の場合は1,000円) めぐる順番は自由で歩くと2~3時間で周れると思います。
伏見五福めぐりは、亥、子、丑・・・今年で三年目(*^-^*) 来年も、めぐります!(^^ゞ鬼爆
※参考コラム【Pちゃんズの伏見五福めぐり】
DSC00821.jpg
西岸寺(油掛地蔵尊)
DSC00826.jpg
坂本龍馬ゆかりの旅籠・寺田屋
DSC00832.jpg
酒蔵
DSC00834.jpg
※五福めぐり 『長建寺(弁財天/開運・商売繁盛の神)』
DSC00840.jpg
酒蔵
DSC00843.jpg
金札宮(恵比寿/商売繁盛の神)
DSC00846.jpg
まずは、一献・・・お神酒でつ(^^ゞ
DSC00851.jpg
※五福めぐり 『大黒寺(大黒天/開運・出世の神)』
DSC00863.jpg
※五福めぐり 『藤森神社(勝運・学問の神) 』
DSC00866.jpg
藤森七福神
DSC00869.jpg
餅つきo(*^▽^*)o
DSC00878.jpg
※五福めぐり 『御香宮(開運、安産、厄除けの神)』
DSC00894.jpg
※五福めぐり 『乃木神社(勝運、勉学の神)』
DSC00901.jpg
五福めぐりの朱印が満願になり可愛いウシさんの土鈴も頂きました~!!!☆⌒(*^∇゜)v
DSC00898.jpg
満願の祝い酒?ヾ(´Д`;●) ォィォィ お神酒でつ(^^ゞ
DSC00913.jpg
びっくり大判やき?! (@_@;)
中に勝ち栗が幾つも入ってました!o(*^▽^*)oウマウマ ウシウシかも(^^ゞ爆
Copyright © みやこ浮絵歩(ウエブ)log. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。