古都・京都、古(いにしえ)の大和、湖都・近江などを自転車やウォーキングでめぐる・・・

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都らしい路地裏の風景
「花人の落ち合ふ駅や中書島」と虚子に詠まれ、京阪本線と宇治線の乗り継ぎ駅でもある中書島。
かつて太閤秀吉の伏見城の城下町として開かれ、伏見城廃城後は、葦が生い茂る島となったが元禄時代、時の伏見奉行・建部匠頭政宇によって再開発され、水運、傾城町(けいせいまち:遊里、郭)などで再び栄えた中書島。
時の流れと共に随分と町風情も様変わりしたが、表通りから少し裏に入ると昔の風情が残ります。
京都らしい路地風景にホッとする空間エリア。
古き良き昭和の時代を発見! まだまだ新しい発見がある伏見も奥が深い街・・・。

DSC04650.jpg

DSC04669.jpg

DSC04675.jpg

DSC04676.jpg

DSC04679.jpg

DSC04682.jpg

DSC04686.jpg

DSC05051.jpg

DSC05058.jpg

DSC05056.jpg

DSC05064.jpg

DSC06155.jpg

DSC04692.jpg

DSC04696.jpg

DSC04705.jpg
スポンサーサイト
Copyright © みやこ浮絵歩(ウエブ)log. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。