FC2ブログ
古都・京都、古(いにしえ)の大和、湖都・近江などを自転車やウォーキングでめぐる・・・

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わが城下町・・・伏見「竹田、下鳥羽、久我、羽束師」
【下鳥羽】古の平安時代・・・下鳥羽界隈は、鴨川と桂川に挟まれた水郷地帯でした。
応徳3年(1086)、白河天皇が、鳥羽離宮を造営し平安貴族たちの別荘地などとして繁栄しました。
慶応4年(1868)1月3日、戊辰戦争の開戦となる鳥羽伏見の戦いの火ぶたが、小枝橋辺りで切られ
東軍〔幕府軍〕、西軍〔薩長連合軍〕共に多大な戦死者を出した激戦地でもありました。
今は、安楽寿院・城南宮界隈で平安貴族文化の栄華が、偲ばれる歴史ある界隈です。
※関連コラム
【鳥羽離宮史跡ポタ】
【源氏物語花の庭「楽水苑」】
【「伏見歴史蹟チャリン覇(その一)】
tobarikyu3.jpg
鳥羽離宮跡
DSC02379.jpg
城南宮
神功皇后が、朝鮮半島出兵時の勝利の御旗を奉斎したのが、この神社の由来。後に桓武天皇が、平安遷都にさいし王城の南の守護神とし、さらに後、この地に鳥羽離宮が造営されると離宮に組み込まれました。応仁の乱(1467~1477年)で離宮は荒廃し城南宮のみが、現在に至る。
方除(ほうよけ)の神として信仰されている。
DSC02380.jpg
伏見名水「菊水若水」
大和のお水取りで使われる「若狭井」と同水脈と云われる
DSC02787.jpg
三光紋が輝く二の鳥居
DSC02790.jpg
境内
DSC02796.jpg
白河天皇成菩提院陵
鳥羽天皇が、白河法皇の菩提を弔うために鳥羽離宮の傍に成菩提院を建立し改葬しました。
DSC02799.jpg
北向山不動院
鳥羽上皇により大治5年(1130年)に建立された。不動明王像を建立し、王城鎮護(平安京鎮護)を祈願し、北向きに安置したと伝わる。
応仁の乱ので焼失し、現在の本堂は、正徳2年(1712年)、東山天皇の旧殿が、移築され、ご本尊は、伝教大師作・不動明王坐像が、都の南にあたる為に北向きの都を守る寺として播磨国大国庄に寺領千石を賜り、北向きに安置したと伝えます。
山門を潜ると東側に千手観音、虚空蔵(こくうぞう)、文殊、普賢菩薩が鎮座しています。
DSC02803.jpg
本堂
DSC02810.jpg
安楽寿院
今は往時を偲ぶ形跡もない鳥羽離宮跡の中で、辛うじて 往時を偲ばせるのが安楽寿院です。新義真言宗智山派で山号はなし。
保延3年(137年)、鳥羽上皇が、鳥羽離宮の東殿に一宇を建立し無量寿仏三尊を安置した事に始まり、同5年(1139年)に三重塔(本御塔)を建立し、崩後は遺骨を納める塔所としました。次いで久安3年(1147年)、九体阿弥陀堂や不動堂が建立されました。
中宮美福門院得子も院内に二層の宝塔(新御塔)を建立し崩後の山稜とする予定でしたが、故あって近衛天皇陵に改められました。創建以来、多くの荘園が寄せられ堂塔は巍々として洛南の郊野に輪奐の美を誇りましたが中世以降は兵火に罹災し寺運は哀徴しました。
鳥羽伏見の戦いでは薩長軍の大本営となったが幸い兵火は免れました。近年まで僅かに残っていた諸堂宇も台風によって倒壊し今は、塔頭前松院を以って本坊としています。
DSC02812.jpg
近衛天皇陵(安楽寿院多宝塔)
近衛天皇は、3歳で即位し在位14年。久寿2年(1155年)、近衛殿にて17歳で崩御。長寛元年(1163年)、当地に埋葬されました。天皇陵に多宝塔が 建つのは珍しいです。
御陵建物は応仁の乱などの戦火で数度焼失しました。慶長11年(1606年)に豊臣秀頼が、再建しました。
DSC02820.jpg
三尊石仏(左・薬師三尊石像、釈迦三尊石像)
釈迦三尊石像と薬師三尊石像は質素な祠の中にありますが、は京都国立博物館に保管されているそうです。また、これら石像には歯痛平癒の信仰があると伝えます。
DSC02827.jpg
冠石
鳥羽天皇は譲位後、白河上皇が創建した鳥羽離宮に入り、殿舎や仏殿を増築した際、この石の上に冠を置き、これを中心に造営したとも鳥羽上皇が法皇になられた時に、冠を納めた所とも伝えます。
DSC02829.jpg
鳥羽天皇陵(安楽寿院陵)
籠妃・美福門院が、生み奉った近衛天皇を3歳で位につけ、後白河天皇を擁立するなど保元の乱因を作った事で史上有名な天皇で保元元年(1156年)、鳥羽殿にて崩御されました。
DSC02830.jpg
五輪石塔(重文:鎌倉期)
DSC02391.jpg
桂川
DSC02393.jpg
曹洞宗々祖・道元禅師ゆかりの妙覚山誕生寺
DSC02399.jpg
道元禅師産湯の井戸
DSC02396.jpg
道元禅師幼少像と本堂
DSC07666.jpg
久我(こが:くが)神社
8世紀末、桓武天皇の長岡京遷都の延暦3年(784年)頃、都の北東の守護神として鎮座されたと云われる。延喜式内社であり京都市でも最古の神社の一つである。
一説には「山城国風土記」逸文にいう賀茂氏が「久我の国」に居をすえ、祖神を祀ったのが当社であり、更に鴨川を北上して今の賀茂の地に鎮まったとも伝えます。
又、西方から丹塗り矢が当社(玉依比売命)に飛んできて、別雷神が生まれたとも伝えます。
DSC07667.jpg
森乃そりばし(大井手川)
DSC06101.jpg
お唐臼(おからうす
境内にお唐臼(石臼)が奉られています。これを持ち帰った者に祟り、元に戻したと伝えます。
DSC07669.jpg
本殿
DSC07659.jpg
神川神社
神川座住吉神社と称した。 式内社。鴨川村の産土神で元は、住吉神社と云った。
文政年間の当社神主古川為猛の『住吉社之略記』によれば、鴨川、桂川の落ち合う瀬の為ため、度々難破船があり、摂津の住吉社の御神霊を勧請したものとされている。
DSC07660.jpg
神門(割り拝殿)
DSC06108.jpg
本殿
DSC07682.jpg
菱妻(ひしづま)神社
旧久我村の産土神です。平安時代初期〔永久元年(1113年)〕、鳥羽天皇に久我家の祖右大臣・源雅実が奈良の春日大明神から藤原氏の祖神、天児屋根命を勧請し、源氏の安護神・火止津目大明神として祀られました。広大な神鎮社殿であったが、桂川の大洪水で久寿元年には、菱妻大明神と改められ久我の郷の鎮守、学問運筆上達の神として崇拝されています。
DSC07683.jpg
割り拝殿
DSC07684.jpg
本殿
DSC05883_thumb.jpgDSC05884_thumb.jpg
菅原道真ゆかりの北向見返天満宮
延喜元年(901年)、菅原道真公の太宰府左遷の際、草津の湊から出発する前に羽束師神社に参拝し北(京)を向いて見返りの場所(別れを惜しんだ)に建立されたのが、北向見返天満宮です。
DSC05885_thumb.jpgDSC05887_thumb.jpgDSC05889_thumb.jpg
羽束師(はづかし)神社
羽束師神社・・・旧羽束師村の産土神で志水、古川、樋爪、菱川地域を氏子とします。創建は、すこぶる古く大宝元年〔701年〕以前からの鎮座と云われています。
羽束師は、羽束首(はづかしのおびと)の居住地で一族は、土器を作り石灰を焼いたりする泥部(はつかしべ)の伴造家であった。羽束氏の祖神を祀った神社と言われています。羽束師は元、乙訓郡に属し古くは羽束師郷とも言いました。境内の森が鬱蒼としているだけで歴史の大きさを感じます。
スポンサーサイト
Track Back
TB*URL

Copyright © みやこ浮絵歩(ウエブ)log. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。