FC2ブログ
古都・京都、古(いにしえ)の大和、湖都・近江などを自転車やウォーキングでめぐる・・・

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

源氏物語『宇治十帖』の舞台・・・雨に煙る宇治を歩く
洛北の紅葉狩りを予定していたのですが、生憎の悪天候・・・急遽、宇治ウォーキングへ(^^ゞ
紫式部の五十四帖からなる『源氏物語』の第四十五帖「橋姫」~第五十四帖「夢浮橋」まで、最後の十帖は宇治が舞台で橋から始まり、橋で幕を閉じます。
宇治川に架かる宇治橋は大化2年(646年)に架橋された日本初の本格的な橋梁で三の間から、宇治川上流を眺めると山紫水明を満喫できます。
他にも朝霧橋、橘橋、喜撰橋などの橋があり、雲を染め、川面に映り揺らぐ様は水と緑豊かな美しい宇治の風光明媚な景観に心が和み、いにしえの王朝絵巻に想いを馳せます…宇治十帖古跡をめぐるのも歴史ロマンを感じさせてくれます。
※関連コラム
【山紫水明・宇治の紅葉名所めぐり】
【Pちゃんズの宇治ぽたリング】
DSC01410.jpg
源氏物語・宇治十帖モニュメントと朝霧橋
宇治十帖古跡全体を象徴するモニュメントで、ヒロイン「浮舟」と「匂宮」が小舟で宇治川に漕ぎ出す場面をモチーフとしています。
DSC01412.jpg
宇治神社
地域の産土神(うぶずながみ)であった離宮社は、対岸に平等院が建立されると、その鎮守社としての地位も与えられました。江戸時代迄は宇治神社と宇治上神社は一対でした。
この一帯は応神天皇の皇子で、宇治十帖の八宮(はちのみや)のモデルとも言われている「莵道稚郎子(うじのわきいらつこ)」の邸宅跡と考えられ、皇子の亡くなった後、邸宅跡にその霊を祭ったのが両神社の縁起と伝えます。
DSC01417.jpg
世界文化遺産・宇治上神社
元は下社の宇治神社と一体で平等院の鎮守社ともいわれ明治維新までは、「離宮上社」と呼ばれていました。本殿は平安時代後期に建てられた現存するわが国最古の神社建築です。
祭神は応神天皇とその皇子菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)、兄の仁徳天皇とされています。境内正面の拝殿は鎌倉初期のもので、寝殿造りの様相を伝えています。
DSC01424.jpg
拝殿(国宝:鎌倉期)
DSC01419.jpg
本殿(国宝:平安期)
覆屋(おおいや)のある本殿には、三社が収められ、祭神は向かって右が「莵道稚郎子(うじのわきいらつこ)(弟)」真中が「応神天皇(父)」、左が「仁徳天皇(兄)」とされています。
DSC01427.jpg
[第四十七帖・総角(あげまき)]之古跡
「あげまきに 長き契りを 結びこめ 同じところに よりもあはらん」
DSC01430.jpg
大吉山(仏徳山)へ・・・えぇなぁ~(*^-^*)
DSC01433.jpg
展望台から雨に煙る宇治俯瞰
DSC01431.jpg
世界文化遺産・平等院
DSC01436.jpg
大吉山(仏徳山)三等三角点(点名:旭山/標高:131.80m)
DSC01438.jpg
興聖寺俯瞰
DSC01474.jpg
石門(興聖寺)
DSC01466.jpg
琴坂
桜やカエデが茂る興聖寺の入り口~三門に至る参道は、両脇を流れるせせらぎの音が琴の音色に聞こえる事から琴坂と呼ばれています。
DSC01462.jpg
えぇなぁ~(*^-^*)
DSC01465.jpg
中国風の三門
DSC01445.jpg
興聖寺
仏徳山と号する曹洞宗永平寺派の寺で道元禅師を開山とします。道元禅師は当初、深草極楽寺の境域に一宇を建て興聖寺と号したが寺は廃絶しました。慶安元年(1648年)、淀城主・永井信濃守尚政によってこの地に再興されました。 山吹、桜、ツツジやサツキなどが多く対岸の平等院に匹敵する名所で宇治十二景の一つとされます。
法堂(はっとう:本堂)にある平安時代中期の木像聖観音立像は、源氏物語「宇治十帖」古跡(手習の社)に祀られている事から手習観音とも呼ばれます。本堂は、伏見城から移築したもので血の手形が残る天井や鴬張りの廊下などがあります。
DSC01477.jpg
えぇなぁ~(´ー`)
DSC01479.jpg
Beautiful~!!!(・_・)☆ヾ(^^ ) 欧米か?!
DSC01483.jpg
天ヶ瀬吊橋
DSC01487.jpg
山紫水明やなぁ~(*^-^*)
DSC00248.jpg
雨に煙っております・・・
DSC00255.jpg
紅葉谷を白川へ・・・テチテチo(*^▽^*)o
いろは紅葉の錦秋が楽しめます☆⌒(*^∇゜)v
DSC00264.jpg
紅葉の見頃は・・・(~ヘ~;)ウーン
DSC00267.jpg
九重石塔(後冷泉帝皇后/四条皇太后・寛子供養塔/鎌倉期)
DSC00276.jpg
白川
DSC00278.jpg
里山の風情が・・・えぇなぁ~(*^-^*)
DSC00274.jpg
金色院跡碑
DSC00275.jpg
金色院遺構の総門
DSC00288.jpg
えぇなぁ~(*^-^*)
DSC00286.jpg
蛍ヶ淵「蛍塚」と源三位頼政の歌碑
「いさやその 蛍の数は 知らねとも 玉江の葦の みこまぬ葉そなき」
宇治川に蛍が乱舞する蛍は、頼政の亡魂になぞられ宇治の蛍合戦とも呼ばれ、
これが「源氏蛍」と呼ばれる所以といわれます。
DSC00292.jpg
塔の島、朝霧橋・・・えぇなぁ~(*^-^*)
DSC00293.jpg
[第四十九帖・宿木(やどりぎ)]之古跡
「やどり木と 思ひだすは 木の下の 旅寝もいかに 淋しからまし」
DSC00298.jpg
浮島(塔ノ島)&喜撰橋@あじろぎの道
DSC00306.jpg
日本最大の浮島十三重石塔(塔ノ島)
花崗岩製で高さ15m、我が国現存中最大の十三重石塔です。弘安9年(1286年)、奈良西大寺の僧・叡尊(興正菩薩)が宇治橋の架け替えに際して建立したもので上人は橋の流失は乱獲される魚霊の祟りであるとし殺生の罪を戒め網代を捨ててこの地に経巻共に埋め供養塔としたものと伝えます。石塔は宝暦6年(1756年)の大洪水で倒れ、約150年間埋没していたものを明治41年(1908年)に発掘されて再建されました。
DSC00308.jpg
観流橋
DSC00318.jpg
宇治川先陣碑
承久年間、源義経(みなもとのよしつね)と木曽義仲(きそよしなか)の合戦時に源義経旗下・佐々木四郎高綱と梶原源太景季(かげすえ)の二名が宇治川の先陣を争った故事を偲んで昭和6年(1931年)4月、帝国在郷軍人宇治分会が建てたものです。
DSC00328.jpg
紫式部と宇治橋
紫式部が著した世界的に有名な古典文学「源氏物語」は全編五十四帖からなり最後の十帖は宇治を舞台にしている事から、通称「宇治十帖」と呼ばれ、そのゆかりの古跡が後世、好事家達により定められ、宇治橋を中心とした宇治川の両岸に10ヶ所点在しています。
DSC00336.jpg
浮島(塔ノ島、橘島)@宇治橋三の間
DSC00340.jpg
[第五十帖・東屋(あづまや)]之古跡
「さしとむる 葎(むぐら)やしげき 東屋の あまり程ふる 雨そそぎかな」

※白山神社、地蔵院は、雨が激しくなり日暮れも迫ってきたので次回へまわしました( ;∀;)
紅葉谷、白川などの写真を明るく補正しています・・・m(__)m
スポンサーサイト
Track Back
TB*URL

Copyright © みやこ浮絵歩(ウエブ)log. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。